寝耳に水 ねみみにみず

不意の出来事や知らせにひどく驚くことのたとえ。「寝耳に水の入るが如し」ともいう。

寝耳に水の由来・語源

「寝耳に水」の「水」は水音の意で、寝ているときに出水や洪水などの濁流音が耳に飛び込んでくるような恐ろしい状態をいった。そこから、不意の出来事や知らせに驚くことをたとえていうようになった。

寝耳に水に関連する言葉

カテゴリ:様相