威儀を正す いぎをただす

作法にかなった立ち振舞いをすること。

威儀を正すの由来・語源

「威儀」は本来は仏教語で、戒律にかなった起居動作のこと。また、その際の作法・規則をいう。
ちなみに、行(ぎょう:歩く)・住(じゅう:止まる)・坐(ざ:座る)・臥(が:臥せる)を四威儀(しいぎ)といい、威儀とは日常生活におけるすべての行動を含む。
カテゴリ:人間