姥桜 うばざくら

ヒガンザクラなど、葉が出るより先に花が咲く桜のこと。また、女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性のこと。

姥桜の由来・語源

花が咲くのを女性の美しさの盛りとみて、そのときに葉(歯)がないので「姥桜」と洒落ていったもの。江戸時代よりみられる。
かなり年増でありながら美しくなまめかしい女性をいったが、最近は年齢に似合わず若づくりをしている女性を、からかい気味にいうことが多くなった。
カテゴリ:生活