好色 こうしょく

色ごとを好むこと。

好色の由来・語源

漢語の「好色」は、美しく好ましい色という意と、そのような色を好む意とをもつが、この場合の「色」とは外見のこと。
日本では、和語の「色好み」と同様の意の漢語として用いられ、異性間の交情を好むことを表す語であった。古くは、男女が好んで情を通わせることを一つの美質としてとらえる言い方であったが、しだいにそのような異性関係をみだらなこととしてとらえる語に変化していった。
カテゴリ:人間