太陽の沈まない国 たいようのしずまないくに

太陽の沈まない国の由来・語源

19世紀のイギリスのヴィクトリア女王時代に、イギリスの植民地が世界全体におよんだ時、「大英帝国の領土に日の没することはない」といわれた。
実はこの言葉はもっと古く、16世紀のスペインにたいして形容された。コロンブスが新大陸を発見したのち、スペインの領土は、ヨーロッパではイタリアのシチリア、ナポリ、サルディニア、ネーデルラントなど、またアフリカの北部、中央および南アメリカ、アジアではフィリピンなど、本国の10倍以上におよんだのでこういわれた。
カテゴリ:政治・経済