因縁をつける いんねんをつける

故意に理由を作って、相手の非を責めたてること。言いがかりをつけること。

因縁をつけるの由来・語源

本来は仏教語で、まったく無関係に見えることに因果関係を認めることをいった。
それが次第に、「因縁」の意味が転じて、文句や無理な理由などとなり、「因縁をつける」とは、無理な理屈をつけて相手を困らせることをいうようになった。

因縁をつけるに関連する言葉

カテゴリ:人間