因業 いんごう

がんこで、思いやりのないこと。欲が深くて、無慈悲なこと。

因業の由来・語源

もとは仏教語で、何らかの結果を生む原因となる行為のことをいう。
善にも悪にもいい、前世の悪業が原因となって招いた性格の意から、がんこで欲深いことの意が生じた。
カテゴリ:人間