回向 えこう

死者の成仏を願って仏事供養をすること。

回向の由来・語源

本来は「転回する」「変化する」「進む」などの意。サンスクリット語Pariṇāmanāからで、「廻向」とも書く。仏教語。
「回」はめぐらすこと、「向」はさしむけることで、仏教では自己の善行の結果である功徳(くどく)を他に廻らし向けるという意味に使われ、「回向」と漢訳された。
サンスクリット語 古代から中世にかけて、インド亜大陸や東南アジアにおいて用いられていた言語。古代インドの標準文章。梵語(ぼんご)。
カテゴリ:社会