嘯く うそぶく

とぼけて知らないふりをすること。強がって大ぼらを吹くこと。

嘯くの由来・語源

「うそ」とは口笛の意で、「うそぶく」は本来、口笛を吹くこと。
これが転じて詩歌を口ずさむ意や動物が吠えたり鳴いたりする意になり、さらにそ知らぬふりをする意に用いられるようになった。

嘯くに関連する言葉

カテゴリ:人間