嘘も方便 うそもほうべん

場合によっては嘘をつくことも必要なこと。

嘘も方便の由来・語源

「方便」とはもとは仏教語で、衆生を教え導く手段のこと。
「嘘も方便」という成句は江戸時代から見られ、法華経の「三車火宅(さんしゃかたく)」のたとえに由来するといわれる。
これは、ある老人の家が火事になり、中で遊んでいた三人の子どもを救い出すために、3つの車(羊の車、鹿の車、牛の車)が外にあると嘘をいって連れ出し、救いだしてから車を用意して与えたという。

嘘も方便に関連する言葉

カテゴリ:人間