合鴨 あいがも

野生のマガモとアヒルの交雑交配種のこと。特に、アオクビアヒルとの一代雑種は、合鴨農法で知られる。

合鴨の由来・語源

古くは、カモは冬の渡り鳥で、そのカモのいない時期に代用にしたアヒルを、「合間の鴨」の意で「合鴨」と呼んでいたもの。「間鴨」とも書く。

合鴨に関連する言葉

カテゴリ:自然