双六 すごろく

サイコロを振って出た目の数だけ駒を進め、早く「上がり」に行き着くことを競う遊び。「絵双六」ともいう。

双六の由来・語源

双六のもととなったのは、奈良時代に中国から伝わった「盤双六」と呼ばれるもの。盤を挟んで2人が向かい合い、2つのサイコロを振って出た目の数だけ自分の石を進め、先にすべての石を相手の陣に入れたほうが勝ちとなる。
2つのサイコロが六と六の目が出れば最高で、2つの六の意で「双六」という。

双六に関連する言葉

カテゴリ:娯楽・遊戯