厚顔 こうがん

面の皮のあついこと。恥知らずでずうずうしいこと。また、そのさま。

厚顔の由来・語源

中国の『書経』に「顔厚なれども忸怩たる有り(面の皮の厚い私も、さすがに恥かしく思う)。」、また、『詩経』に「巧言くわうの如く、顔の厚きや」とあり、言葉を巧みに操り外面を良く見せ内面の恥を隠すことを意味していた。
日本には平安時代に伝わり、現在では「厚顔無恥」の形で用いることが多い。
カテゴリ:人間