勾玉 まがたま

縄文時代から古墳時代にわたってつくられた装身具の一つ。硬玉・瑪瑙(めのう)・水晶・琥珀(こはく)などを材料とし、多くは、Cの字形またはコの字形に湾曲した、玉から尾が出たような形をしている。曲玉。

勾玉の由来・語源

語源は「曲っている玉」から来ているという説が有力。「勾」は曲がるの意。
カテゴリ:社会