出世

世の中に出て高い地位につくこと。立派な身分になること。

出世の由来・語源

本来は仏教語で、仏が衆生を救うために仮にこの世に現れることをいう。また、「出世間(しゅっせけん)」の意で、世俗の煩悩を超越して悟りを得ること、あるいは僧侶になることをいう。
特に、禅寺で紫衣を賜り師号を受けたり勅宣を蒙って官寺の住持となることをいい、ここから立身出世の観念が生まれた。
カテゴリ:社会