内緒 ないしょ

表向きにせず、内々にしておくこと。外部には隠しておくこと。秘密。

内緒の由来・語源

内緒は、本来は仏教語で、「自らの心のうちで真理を悟るこの」の意のサンスクリット語Pratyaatma-adohigamanaの漢訳、「内証(ないしょう)」に基づく。「自内証」ともいう。
それが転じて、外からうかがい知ることができないということで、秘密あるいは秘密の事情をさす語として用いられるようになった。さらに、内輪のこと、家の中の暮らし向きなどの意にも用いる。
「内緒」と書くのは当て字。
サンスクリット語 古代から中世にかけて、インド亜大陸や東南アジアにおいて用いられていた言語。古代インドの標準文章。梵語(ぼんご)。
カテゴリ:社会