元気 げんき

活動の源となる気力。体の調子がよく、健康であること。また、そのさま。

元気の由来・語源

「元気」はもともと「病気」と対になって使われていた語で、古くは「減気」と書き、病気が快方に向かうことを表した。
近世には、「験気」と書いて治療の効果が現れて気分がよくなることの意となり、さらに現在のような意で使われるようになり、漢字も「元気」となった。
カテゴリ:人間