側杖を食う そばづえをくう

自分と関係のないことで思わぬ災難を受ける。とばっちりを受ける。

側杖を食うの由来・語源

「側杖」とは、たまたま喧嘩をしている側にいたために、相手を叩こうとして振り回した杖に当ってしまうことをいう。
それが転じて、たまたまその場にいたために、思わぬ被害を受けることの意で用いられるようになった。
当初は「側杖に合う」の形で用いられていたが、江戸時代より「側杖を食う」の形が現れた。「食う」は身に受ける意を表す。
カテゴリ:様相