供養 くよう

仏や死者の霊に物を捧げ、法会を営むなどして冥福を祈ること。

供養の由来・語源

サンスクリット語のpūjanāの訳語で、尊敬する、崇拝するが原義。本来は、崇拝の対象である仏・法・僧の三宝、つまり仏に仕える者に対して衣服、食物、財物などを捧げて養うことをいう。
サンスクリット語 古代から中世にかけて、インド亜大陸や東南アジアにおいて用いられていた言語。古代インドの標準文章。梵語(ぼんご)。
カテゴリ:文化