伊達 だて

意気や男気をことさら示そうとすること。しゃれていて粋なこと。また、外見を飾って見栄をはること。

伊達の由来・語源

語源は「立つ」で、これは「目立つ」や「男が立つ」と言う「引き立つ」と言う意味からきている。伊達は当て字。

また俗説に、戦国時代の仙台城主の伊達政宗は隻眼(せきがん)で、その負い目を隠すためにことさら派手に振る舞い、上洛の際には自ら着飾るとともに家臣にも同じようにさせ、京中でその振る舞いや姿が目立ったことから、彼らのようなおしゃれを「伊達」というようになったといわれている。
カテゴリ:人間