以心伝心 いしんでんしん

口に出して言わなくても、思っていることがお互いに伝わりあえること。

以心伝心の由来・語源

「心を以(も)って心を伝える」という意味で、本来は禅の宗旨の1つで、釈迦の教えの真髄を経典などの文字や言葉によらず、師の心から弟子の心に伝えることを意味した。
書物を通して先人の教えを伝え学ぶ意味で使われたあと、人間同士が無言で伝え合う意味で使われるようになった。
カテゴリ:四字熟語