仏の座 ほとけのざ

キク科の越年草。春の七草の一つ。

仏の座の由来・語源

地面に張り付くように放射線状に広がった葉が、仏の蓮華座に似ていることからこの名がある。
また、春先に水のない田に平たく張り付くように生えることから「たびらこ(田平子)」ともいう。

これとは別に、日当たりのよい路傍などに生え、春に紫色の唇弁花をつけるシソ科の植物のことも「ホトケノザ」と呼ばれるが、こちらは食用ではないため、注意を要する。
カテゴリ:自然