五里霧中 ごりむちゅう

方向を失うこと。物事の判断がつかなくて、どうしていいか迷うこと。「五里夢中」と書くのは誤り。

五里霧中の由来・語源

出典は「後漢書」張楷伝で、後漢の張楷(ちょうかい)が五里四方に霧を立ちこめさせ、自分の姿をくらます道教の秘術である「五里霧」を好んで使ったという故事による。
カテゴリ:四字熟語