上品 じょうひん

品性、品格がよいさま。反対は「下品(げひん)」。

上品の由来・語源

仏教では、「上品(じょうばん)」「下品(げぼん)」と読む。極楽浄土に往生を願う衆生を能力や資質によって上・中・下の「三品」に分け、「上品」は最上、「下品」は最下位になることからいうもの。
カテゴリ:社会