上っ調子 うわっちょうし

人が軽薄で、言動に落ち着きがないこと。

上っ調子の由来・語源

邦楽で、三味線を合奏するときに、基本の調子に対して、従の奏者が弾くそれより高い調子を上調子(うわちょうし)といい、その甲高い音がいかにも軽くて落ち着きがなく聞こえたことから、転じて、人に対しても用いられるようになったもの。

上っ調子に関連する言葉

カテゴリ:音楽