一騎当千 いっきとうせん

群を抜いて強い人。また、人並みはずれた能力や経験の持ち主のこと。

一騎当千の由来・語源

一人の騎兵でも千人の敵に対抗できるほど強いことを表した言葉。武士の強さをたとえた言葉であったが、人並みはずれた強さの意味から、武士以外にも人並みはずれた能力・技術などを持つ人にも用いられるようになった。
「千」は「ぜん」とも読む。

一騎当千に関連する言葉

カテゴリ:社会