メリヤス

肌着などに用いる伸縮性に優れた編み物。日本には16世紀後半から17世紀後半に伝えられ、「莫大小」「女利安」などの字が当てられた。ニットとも。

メリヤスの由来・語源

メリヤスの語源は、スペイン語のmediasまたはポルトガル語のmeiasが転訛したもので、いずれも靴下の意。
「莫大小」と当て字されるが、これは伸び縮みするので大小がない(フリーサイズ)ということから。
カテゴリ:生活