マーガリン

植物性油脂(もしくは動物性油脂)を原料とする加工食品。

マーガリンの由来・語源

マーガリンは、1869年、当時不足していたバターの代用品をにナポレオン3世が募集し、フランス人のイポリット・メージュ=ムーリエが牛脂に牛乳などを加え硬化したものを考案したものが原型とされる。
マーガリンという名はギリシャ語で真珠を意味するmargariteに由来し、その色が真珠のように美しかったことにちなむ。
日本では1908年(明治41年)に国産品も登場し、当初は「人造バター」などと呼ばれていた。
カテゴリ:食べ物