ホワイトデー

ホワイトデーの意味

バレンタインデーにチョコレートなどをもらった男性が、そのお返しとしてキャンディ、マシュマロ、ホワイトチョコレートなどのプレゼントを女性へ贈る日。日付は3月14日。

ホワイトデーの由来・語源

ホワイトデーは、1978年(昭和53年)に全国飴菓子工業協同組合がバレンタインデーのひと月あとの3月14日を「キャンディを贈る日」と制定しイベントやキャンペーンを始めたこと、老舗の和菓子屋が女性雑誌の投稿をヒントに「マシュマロデー」として発案したのが最初とされる。

ホワイトデーを3月14日に定めた理由は、バレンタインデーの由来ともなったウァレンティヌス司祭が男女を救うために殉教した269年2月14日の1ヶ月後にその2人が改めて永遠の愛を誓い合ったとされていることや、古事記および日本書紀で日本において初めて飴が製造されたとされる日が3月14日前後とされていることに由来している。

ホワイトデーという名称は、英和辞典のホワイトに、シュガーやスイートといった解説が記載されており、純愛や砂糖をイメージさせることから命名された。
カテゴリ:行事・風習

ホワイトデーに関連する言葉