ビー玉

子どもの遊びなどに用いる、ガラスでできた小さな玉。

ビー玉の由来・語源

「ビードロ玉」が略された語。ビードロ(vidro)はポルトガル語でガラスを意味する。
また他にも、ラムネビンの栓として使用できる直径16ミリ前後のものを「A玉」、規格に合わないものを「B玉」と呼び、このうち規格外の「B玉」をおもちゃとして転用したからという説もある。
カテゴリ:娯楽・遊戯