バドミントン

ネットを挟み、ラケットでシャトルコックを打ち合う競技。「バトミントン」と呼ばれることが多いが、正しくは「バドミントン」。羽球。

バドミントンの由来・語源

インドのムンバイで行われていたテニスに似た球技が原型で、進駐していたイギリス人将校が本国のビューフォート公爵に伝え、普及した。
伝えられた場所が、イギリスのグロスタシャーのバドミントン荘という邸宅であったため、バドミントンという名称がついたとされる。

バドミントンに関連する言葉

カテゴリ:スポーツ