バイブル

キリスト教の聖典。聖書。転じて、ある分野で権威のある書物。また、人生の指針とする座右の書。

バイブルの由来・語源

もとはギリシア語で、巻物・本の意のbiblíaから。本来はパピルスの内皮の意味で、パピルスを輸入した古代フェキニアの港町Byblosにちなむ。
カテゴリ:文化