ハマグリ

マルスダレガイ科の二枚貝。内湾の砂泥地にすみ、殻は丸みのある三角形で、殻長約8センチ。食用として重要な貝類の一つ。養殖もされる。殻は貝細工・胡粉(ごふん)の材料にも使われる。蛤。

ハマグリの由来・語源

浜辺にあり、栗と形が似ていることから「浜栗(はまぐり)」と呼ばれたことに由来するとされる。
また、石ころを「クリ」と呼ぶことから浜にある石のような貝との意で「ハマグリ」と称されたとの説などもある。

ハマグリに関連する言葉

カテゴリ:自然