ニチロ

水産関連の大手で、食品加工、水産品貿易から冷凍食品、鮮冷魚他製商品の販売を行う。

ニチロの由来・語源

1907年(明治40年)の創業時の社名は「堤商会」。その後「日魯漁業」を経て、「ニチロ」の社名になったのは1990年、CI導入により「日魯」をカタカナ表記にしたもの。
「日魯」は当時の主力漁業であったカムチャツカなどへの北洋サケマス漁業に由来し、「日」は日本、「魯」はロシアを表し、「日魯」を縦書きにすると日と日の間に魚があり、「毎日魚が穫れるようで縁起が良い」というところからの命名とされる。
CI コーポレート・アイデンティティ(Corporate Identity)の略で、企業文化を構築し特性や独自性を統一されたイメージやデザイン、またわかりやすいメッセージで発信し社会と共有することで存在価値を高めていく企業戦略のひとつ。CI計画、CIプロジェクトなどともいう。

ニチロに関連する言葉

カテゴリ:社名・商品名