ドッジボール

二組に分かれてボールを投げ合い、相手に多く当てたほうが勝ちとなるゲーム。ドッヂボール。

ドッジボールの由来・語源

ドッジボールの発祥はイギリスという説もあり、原型は1900年ごろに作られたとされる。
日本には明治時代の終わりごろに伝わった。当初は「デッドボール」という名称であったが、大正時代になって「ドッジボール」と改称された。
ドッジ(dodge)はひらりと身をかわす意。
カテゴリ:スポーツ