チューリップ

ユリ科の多年草。アジアの原産で、オランダなどで改良。品種が多い。観賞用。鬱金香(うっこんこう)。

チューリップの由来・語源

トルコ語のターバン(Tülibend)が語源で、イスラム教徒が頭に巻くターバンに花の形が似ていることによる命名。
日本には、江戸時代後期にオランダから渡来。和名の「鬱金香」は、花の香りがスパイスまたは食品を黄色く染めるのに使われるウコンのようであることにちなむ。
カテゴリ:自然