ダッフルコート

フード付きで、丈が短めのコート。前をトッグルという浮き形の留め具と飾りひもで留める。

ダッフルコートの由来・語源

「ダッフル」はベルギーのアントウェルペン州のダッフルという町で作られた、両面を毛羽立たせた厚織りの荒いラシャのこと。もとは北欧の漁師が着ていた防寒具で、手袋をはめたままでもトッグルの留め外しができるのが特徴。第2次世界大戦でイギリス海軍の軍隊用コートに採用され、一般にも用いられるようになった。
カテゴリ:カタカナ語