サボテン

サボテン科の植物の総称。アメリカ大陸の乾燥地帯に分布。日本へは江戸時代に渡来。

サボテンの由来・語源

一説に、ポルトガル語でせっけんの意味のサボン(sabao)に「手」がついて「サボンテ」が変化した語という。
江戸時代に日本で書かれたいくつかの書物にはこの植物が油を落とす旨が書かれており、石けんの「サボン」のイメージが重なって「サボンて」が転化して「サボテン」というようになったと考えられる。
「仙人掌」と書くのは漢名からの当て字で、その形状から仙人のてのひらに見立てたもの。
カテゴリ:自然