ゴールデンウィーク

日本で毎年4月末から5月初めにかけての休日が多い期間のこと。黄金週間、大型連休ともいう。また、GWと略す場合もある。

ゴールデンウィークの由来・語源

1951年(昭和26年)に上映された「自由学校」が大ヒットを記録し、正月映画やお盆映画以上の興行成績を残したことで、映画界でこの時期に多数の動員を生み出すことや活性化を目的として作成された宣伝用語。
元々は映画業界用語であり、宣伝目的も含まれるので、NHKなどでは「ゴールデンウィーク」ではなく、「大型連休」として表現される。

ゴールデンウィークに関連する言葉

カテゴリ:行事・風習