コールドゲーム

スポーツの試合で、悪天候や日没、また大量の得点差などで、審判が途中で試合を打ち切ること。野球ならば5回以降なら試合は成立し、その時点の点差で勝敗が決まる。

コールドゲームの由来・語源

「コール」とは中止を宣言する意味で、規定の時間や回数を待たずに、審判が試合終了を宣言(call)することから、コールドゲームといわれる。

コールドゲームに関連する言葉

カテゴリ:スポーツ