コーヒー

コーヒー豆を焙煎し挽いた粉末から、湯または水で成分を抽出した褐色の飲み物。産地によって苦味・酸味・香りが異なる。

コーヒーの由来・語源

アラビア語でコーヒーを意味する「qahwa(カフワ)」が転訛したもの。もともとはワインを意味していたが、ワインに似た覚醒作用のあるコーヒーに充てられたとされる。また一説には、エチオピアにあったコーヒーの産地カッファ (Kaffa) に由来するともいわれる。
日本には江戸時代にもたらされたが、普及はせず、明治に入ってから愛飲されるようになった。「珈琲」という漢字表記もそのときに生まれた。
カテゴリ:食べ物