カワハギ

カワハギ科の海水魚。全長約25センチ。体は菱形で著しく側扁する。背びれと腹びれにとげをもち、口は小さく、歯がある。丈夫な皮におおわれた、美味な食用魚。皮剥。ハゲ、バクチとも。

カワハギの由来・語源

カワハギは全身が固くてざらざらした皮膚におおわれるが、この皮膚は料理の時にすぐに剥がせることが名前の由来となっている。
「バクチ」とも呼ばれるが、これは「皮がすぐ剥がれる」さまが「博打に負けて身ぐるみ剥がされる」さまを連想させるため。
カテゴリ:自然