エベレスト

世界最高峰のヒマラヤ山脈の主峰。ネパールと中国チベット自治区との国境にあり、標高8848メートル。1953年、英国登山隊が初登頂。チベット語名チョモランマ、ネパール語名サガルマータ。

エベレストの由来・語源

1852年に世界最高峰と判明したとき、インド測量局長官であったジョージ=エベレストを記念して命名された。
別名のチョモランマは、チベット語で「母の大地」の意。
カテゴリ:地名