アンモナイト

アンモナイト目の軟体動物の総称。古生代デボン紀に現れ、中生代の海中で大繁栄し、中生代末に絶滅。アンモン貝ともいう。菊石。

アンモナイトの由来・語源

アンモナイト(ammonite)は英語で、アンモン(ammon)とアイト(ite)に分けられる。
アンモンとは古代エジプトの太陽神で、アイトは石の意。アンモンは頭に渦を巻いた角を持っていて、その角と化石の形が似ているため、アンモナイトと呼ばれるようになった。
日本では菊石ともいうが、これは化石全体の模様を菊の花に見立てたもの。
カテゴリ:自然