アルデバラン

おうし座α星、おうし座で最も明るい恒星で全天21の1等星の1つ。赤橙色で光度0.8等、距離67光年の巨星。冬のダイヤモンドを形成する恒星の1つでもある。

アルデバランの由来・語源

アラビア語で「後に続いて光るもの」の意。アルデバランが東の地平線から昇ってくるときに、プレアデス星団の後に続いて昇ってくることからの命名。
カテゴリ:自然