やきもちを焼く

嫉妬すること。ねたみ。

やきもちを焼くの由来・語源

「やきもち」は火であぶって焼いた餅のこと。嫉妬することを「妬(や)く」とも言うことから、それを掛けあわせて「焼き餅を焼く」というようになったもの。
一説に、焼き餅はプクーとふくれるところから、嫉妬した女性のふくれっ面を連想して生まれたとする説があるが、これはこじつけと思われる。
カテゴリ:様相