まるで

あたかも。さながら。すっかり。まったく。

まるでの由来・語源

円形を表す「丸(まる)」に由来する語。
丸は室町時代に現れ、円形は欠けることがないことから、「完全・全部」の意を表すようになった。
江戸時代には「まるで」の形で完全に似ているさまを表して「あたかも」の意が生じた。
さらに、明治時代になると、「まるでだめだ」のように、下に否定な語を伴って完全な状態であることを強めていう「まったく、全然」の意も生じた。
カテゴリ:様相