まな板の鯉 まないたのこい

自分の力ではどうすることもできず、相手のなすがままになるしかない状態。また、覚悟を決めて、見苦しく騒いだりしないことのたとえ。

まな板の鯉の由来・語源

まな板の上の鯉は、ただ調理されるのをじっと待つしかないことからのたとえ。。
また、鯉はまな板の上にのせるとまったく動かないといわれ、そこから、死ぬ運命を潔く待つたとえとしても使われる。

まな板の鯉に関連する言葉

カテゴリ:社会