ひょっとこ

左右の目の大きさが違い、口をすぼめて曲げたような顔つきの仮面。

ひょっとこの由来・語源

ひょっとことの語源は「ひおとこ(火男)」が転じたものとされる。竈などで火吹き竹を吹いている顔つきを表現した語とかんがえられる。
また、口が徳利のようであることから「非徳利」から転じたものとする説もある。
カテゴリ:娯楽・遊戯