ひつまぶし

うなぎの蒲焼を、小さなお櫃(ひつ)に入れたご飯の上にのせたもの。

ひつまぶしの由来・語源

「ひつ」はご飯を入れる「櫃」、まぶしは動詞「まぶす」の連用形を名詞化したもの。お櫃のご飯に刻んだ鰻(うなぎ)の蒲焼きをまぶすことからの命名とされる。

明治時代に始まった名古屋の名物で、「ひつまぶし」は考案店の一つとされるあつた蓬莱(ほうらい)軒の登録商標である。
鰻飯のことを関西では「まむし」ということから、「ひつまむし」ともいう。「まむし」は「まぶし」が音変化したもの。
食べ方に特徴があり、しゃもじで四等分して、最初の一杯はそのまま、二杯目はわさびや海苔などの薬味をのせ、三杯目はお茶漬けに、最後は好きなように食べる。
カテゴリ:食べ物